関西有数のベッドタウン|体や地球に優しい自然住宅に住もう|昔ながらの手法
部屋

体や地球に優しい自然住宅に住もう|昔ながらの手法

関西有数のベッドタウン

一軒家

交通アクセスと生活環境

茨木は、大阪の北部にある都市で、縦に長い形をしていることから、他の多くの都市と隣接しています。その分交通アクセスが良く、関西の主要三都市のそれぞれに、快速電車で乗り換えをせずに行くことが可能となっています。具体的には大阪には約10分で、京都には約20分で、神戸には約40分で到着するのです。そのため茨木は、関西有数のベッドタウンとして知られています。そして地域内でも、ベッドタウンとして機能しやすいようにと開発が進められています。生活に便利なスーパーやドラッグストアなどの商業施設が多いですし、一戸建てが次々に建てられ、積極的に売りに出されているのです。交通アクセスも生活環境も良いということですから、関西での快適な生活を求める多くの人が、茨木の一戸建てを買っています。

3階建てにするメリット

昨今では茨木の一戸建ては、地域内の限られた土地を有効活用するために、3階建てにすることが増えています。たとえば4LDKの一戸建ての場合、平屋造りだと1階部分にリビングも含めて5部屋が集まることになります。その分広い土地が必要となるのですが、3階建ての一戸建てなら、各階に5部屋を分散させることができるため、土地を多く使わずに済むのです。一軒一軒の所有面積が少なければ、地域内にはそれだけ多くの一戸建てを建てることができます。その分人口が増え、地域が活性化していくことになります。また、所有面積が少ないのですから、広い土地に建てた一戸建てよりも安く購入することができます。地域にも個人にもメリットのあることなので、そのため茨木では3階建ての一戸建ての需要が高まっているのです。

Copyright © 2017 体や地球に優しい自然住宅に住もう|昔ながらの手法 All Rights Reserved.